ベーゼンドルファーを使ったレッスン 世田谷区池尻 細川ピアノ教室 Natsuko Hosokawa(pianist)Master class

「ベーゼンドルファー」をレッスンに使用し本場の音色と共に音楽を育んでいきます。

ベーゼンドルファーとは・・
1828年、オーストリア・ウィーンにてイグナーツ・ベーゼンドルファーにより創業。以来、各国の帝室や王室の御用達として、「ウィーンの至宝」と呼ばれるピアノ。ヨーロッパの伝統的な音色、技術を重視し、一台一台時間を掛けて作り出されたベーゼンドルファーはフランツ・リストの激しい演奏に耐え抜いたことで多くのピアニストや作曲家の支持を得て、数々の歴史あるピアノブランドが衰退していく中その人気を長らくスタインウェイと二分してきました。ベーゼンドルファーのピアノを愛用したピアニストとしてはヴィルヘルム・バックハウスが有名。ジャズ界においては、オスカー・ピーターソンが「ベーゼン弾き」としてよく知られている。 最近のピアニストではアンドラーシュ・シフ、パウル・バドゥラ=スコダ、イェルク・デームス、フリードリヒ・グルダもベーゼンドルファーのピアノを好んで用いています。各楽器はウィーンで修行を積んだ技術者により調整がおこなわれ、その音色は「ウィンナートーン」として世界の愛好家に愛され続けています。
参考HP:http://boesendorfer.jp/about/history.html